悩みを本気で解決してくれる美容外科に相談してみよう

魅力的な胸にしたい

胸部

新しい豊胸方法があります

千葉には、最先端の豊胸手術を行っていることで評判になっている美容外科クリニックがあります。それは皮膚再生医療を応用した方法なのですが、全国でもこの方法を導入している美容外科クリニックはごく一部に限られています。一言でいうと、患者自身の体から採取した血液を材料にして胸の充填物を作る方法です。一度に採取できる血液の量には限界がありますが、数日経てば新しい血液が作られますので、大量の血液を採取しない限り、体に悪い影響が出てしまう心配はありません。また、脂肪注入法による豊胸手術とは異なり、胸以外の部分に手術痕が残らないというメリットがあります。それでいて、脂肪注入法よりもはるかに高い豊胸効果が得られるため、千葉のクリニックに熱い視線が寄せられています。千葉だけでなく、東京や大阪にもこの方法による豊胸手術を行っている美容外科クリニックがありますので、興味がある人は調べてみるとよいです。患者の体から脂肪を採取する場合は、どうしても不純物の混入を避けることができません。胸に注入した脂肪の生着率を高めるためには、この不純物をキレイに取り除く必要があります。つまり、豊胸手術の前段階である脂肪の加工処理に、意外と大きな手間がかかってしまうことになるわけです。しかし、血液を採取する際に不純物が混ざり込んでしまうことはまずありません。最初から純度が高い物を活性化すればよいだけですので、注入した細胞の定着率が否が応でも高まります。見た目にもとても自然な豊胸が可能であるため、わざわざ遠方から千葉まで足を運んでくる人がたくさんいます。

一般的な手術方法

一般的な豊胸手術の方法は、大きく3種類に分けることができます。それは、胸にプロテーゼバッグを挿入する方法、患者の体から採取した脂肪を注入する方法、ヒアルロン酸注射を打つ方法の3つです。料金が比較的安いことや手術の手軽さなどが魅力になって、ここ数年はヒアルロン酸注射を選ぶ人が多くなっています。ただし、どの豊胸手術を受けるかによって、豊胸効果の持続期間や仕上がり具合、術後のケア方法などが大きく違ってくることになりますので、注意が必要です。幸い、千葉で営業している美容外科クリニックは、どこも十分な時間をかけて事前カウンセリングを行ってくれますので、納得のいく説明を受けることができます。豊胸効果の持続期間が一番長いのは、胸にプロテーゼバッグを挿入する方法です。胸に挿入したプロテーゼバッグが破損したり、摘出手術を受けたりしない限り、半永久的に豊胸効果を維持し続けることができます。ちなみに、昔に比べると手術で使用されるプロテーゼバッグの品質が格段に良くなっていますので、滅多なことでは破損したりしません。また、人間の脂肪の質感に近いバッグが目指されているため、見た目や手触りに不自然さがありません。一方、豊胸効果の持続期間が一番短くなっているのは、ヒアルロン酸注射を打つ方法です。だいたい2〜3年を、一応の目安にすることができます。ただし、効果が消失する前にヒアルロン酸を追加注入するという方法で、その問題をクリアすることができます。